コンテンツへ移動

私がこの仕事をしている理由

わたしは、企業や商品の ブランディング・サポートを20年以上に渡っておこなってきました。そして、法人だけではなく、個人のセルフブランディングもお手伝いしています。

「私のプロフィール」を見る>

わたしが考える「ブランディング」とは、あなたがどんな過去を送っていようと、年や経験やスキルに関係なく、「今ここから」自分らしい魅力を開花し、理想の人生を送ることです。

◉「理想の人生って、どうやって送ったらいいんでしょうか?」
◉「なりたい自分って、どうやってなったらいいんでしょうか?」

その秘密は、とても「カンタン」です。

⬇︎ ⬇︎⬇︎

何よりも「あなたという素材を徹底的に活かすこと!」。

そして、「まだ見ぬあなたの中の素材を、どんどん許して表していくこと!」。

これが「魅力」が開花し、「理想の人生」を送る秘訣です。

理想の仕事も、理想の収入も、理想のパートナーも、理想の家族も、理想の人間関係も、この中に育まれて来ます。

お料理もアイドルも、素材そのものの風味を活かしながら、単なるそのままの素朴な状態ではなく、その人らしく花開いて輝いていくことを全面的に許してるモノや人を 魅力的に感じませんか?

 

 

さて、ところが、

かつてのわたしは、自分自身の中にすでにある「素材」を否定していました!

(しかも、頭でっかちで、プライド高く、頑張ってなんぼ!かっこわりーとこなんて見せるのは嫌!のコチコチ女でした)

それが、ひっくり返ったのがこの3年です。

人生のすべてで「自分らしい」を許して・緩む事の繰り返し。それで視点が180度、変わりました。

最初は恐々でしたし、1歩1歩少しずつ進んでました。
自分を信じられなくて、止まって停滞した時もありました

でも、「もっと、自分を信じてみたら?」「もっと自分の持ってるものを、表してみたら?」と言ってくれる人がいたおかげで、今はどんどんサクサク進化して、世界のいろんな可能性を表してくるのが楽しくなってきた。

だからこそ!!!

どんな人でも・どんなタイミングでも、あなたもまだ見ぬあなたの「素材」を見出せるようになりました。

あなたにとって一番うれしい人生を送り、具体的な成果によろこぶお手伝いができるようになったのでした。
かつてのわたしに戻りますと・・・

わたしが自分に感じてたことを、お仕事でかかわる商品に対しても感じてました。努力をしてるのに、 自分の人生も仕事の結果も、常に「完璧じゃない!」と、腹を立ててました。今振り返ると、 実際には、ありがたい機会や結果もたくさん頂戴していたにもかかわらず、です。自分がそういう視点になってることすら気づいてなかったんです!(汗・・・いまは大反省です)

ところが、 だんだんと、元々そんなつもりだった筈もないし、これは 誰の得にもならない、 誰も嬉しくない、 ってことに気づいたんですね。
その原因は何かな?って思いました。「ヒントが欲しい!」と思って周りを見渡してみると、みんなと喜びをシェアしているたくさんの人やブランドがあることに気づきました。

「自分のアプローチとの違いは何かな?」と見たときに、その人たちは己の「素材」の価値を知り、
人との関わりの中で 見える形に引き出していることだと気づきました。
なるほど。

ブランディングの仕事をよろこばしい形でできるには、まず個としての自分を省みよう、と思いました。8年前は、ちょうど経営していた会社を整理したところだったので、ソロ活動になったところで、 少し間をおいて、わたし自身の人生において、人間関係・仕事・経済・健康での 具体的な問題解決をしながら、理解することも必要でした。
たとえば、自分に置き換えて考えると・・・

人から見て仕事のオファーがいっぱいでそこそこの収入を得てても、忙しくて病気になったり、仕事に不満でストレスいっぱいじゃあ、くすんじゃう。家族や人間関係に恵まれてても、いつも自分は足りないんじゃないかと思って努力してるのにから回ってたら、心が休まらず、幸せを享受できない。

  • わたし自身が、 ダメだ、足りない、何とかしなくちゃと思っていた自分の価値を受け容れて、素材を活かして よろこばしくいるには?
  • どんな人間関係がうれしい?
  • どう仕事できたらうれしい?
  • どうお金を得て、どう使ったらうれしい?
  • どう、健康を維持できてたらいい?
  • どういうバランスだと幸せ?

そんな試行錯誤の実践に迫られたのです。それを真剣に考えました。失敗したり、学んだりしました。
で、年月を経て、「どんな人・どんな企業・商品・サービスどんなタイミングでも、自分の “見えない価値” を最大限に活かして人との関わりの中で “見える形” に落とし込んで光ることができる!」
ということが 肚の底からわかってきました。

そんな確信を得た中、徐々に企業のお仕事以外に自分の経験を活かして個人のブランディング・サポートを望まれることが増えてそちらのお仕事が増えていきました。サポートさせていただいたクライアントさんのうれしい結果も、実証と励みになりました。

 

 

完璧な形じゃなくても、いい。
歪んでいても、いい。
でも、余計なものを削ぎ落として己の素材を活かす形をつくっていく「シンプル化」を実践していくと、自分本位に焦って散らかって混乱していた物事が整理されてまとまり、人との関わりの中で 「”らしく” いていいんだ!」って 自然と光ってきます。

すると、自分のことも、人のことも、同じようにシンプルに価値を感じられる地点に立ててくる。
人とシェアする喜びが生まれ、物理的にひとりでいるとかそうじゃないとかに関係なく、精神的にひとりで極まってるよりも、はるかにゆたかで幸せなあり方だし、それが現代〜未来の社会に向けてマッチするあり方だということに気づきました。
企業や商品も果たして同じことが言えるのか?!と疑問に思われるかもしれません。しかし、長く愛されてる企業やブランドを分析しているとまったく同じだと私は確信しています。

「競争」が前提ではなく、ほんとうに自分たちの素材(リソース)を活かして役に立ちたい人たちに役に立つことをしていくとオンリー市場ができあがります。そして、お客様によろこびあえる企業になりえます。

これは私の持論だけではなく、Paypalの創始者として有名な投資家ピーター・ティールさんも「誰もがきづかない真実に気づいて、独占市場をつくるのが良い」という起業の成功セオリーとして説いていました。(Via:『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』)

 

 

というわけで、わたしが経てきた道筋をまとめて、いまは個人のお客様へのブランディング・サポートを中心に ご縁のある法人や女優さん・モデルさん・経営者などプロフェッショナルに向けたビジネス・ユースでのブランディング・サポートをお手伝いもしています。

わたしのプロセスを反映して、少しずつ形は変わりますが、芯のテーマはいつも存在価値を人との関わりの中で 見える形に引き出す「ブランディング」なのです。

 

ごあいさつ>   私のプロフィールを見る>    私がこの仕事をしている理由>    魅力創発ブランディングとは何か?を見る>

セッション・講座の一覧を見る>


メルマガだけの「本気ケーススタディ」を読む>


 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。